6月27日(土)、きょうされん福岡支部事務部会で学習会を行ないました。
今回は、事務分野のみ県南ブロック学習会と同時開催ということで、会場をわかたけ作業所とし県内10作業所の参加となりました。

テーマは、4月よりの報酬単価と制度改正に伴う中身の検証と、各加算の請求漏れがないか参加者全員で確認し合いました。
その中で、各加算をとるための必要条件に達していないが、あと1つ条件を揃えれば請求できることや、同じ加算なのに作業所によっては条件不備で請求できないことなどが確認でき非常に有意義な学習会でした。

 学習会終了後は場所を替え13名が昼食交流会に参加し、そこでも昨今の福祉情勢の話や学習会を終えての感想などで盛り上がり、夏の職員学習交流会に繋がる形で終了しました。
       小宮
[PR]
by kyosarenfukuoka | 2009-07-07 08:55 | ● 活動報告 ●
認可施設長部会もたれる
6月26日クローバープラザにて、認可施設長部会がもたれました。
20施設・事業所から23名の参加でした。

最初に情勢報告ときょうされんの最近活動内容が報告されました。
続きまして、職員にかかわる課題について午前中に工房まるから、午後に葦の家からレポートを出していただき、意見交換をおこないました。

具体的には、職員採用に関して(採用方法・採用基準など)、給与に関して(考え方と内容)、職員育成について(職務内容、研修、幹部育成など)の3つの柱に基づいて報告がありました。

職員採用にあたっては・・・
その考え方と採用方法についての工夫がおのおのの事業所でおこなわれていました。
事前実習を必ず行い、きちんと現場をみてもらう必要性からパソコン操作の実技をいれた試験などの工夫や所長だけで面接せずに複数でおこない判断することの大切さが指摘されました。

給与については・・・・
財源の問題や事業所としての発展段階もあり、全く同じように論じられませんが、しかし、職員のやる気や生活設計、また仕事の実績などの反映のさせ方などどこも苦慮している実態がありました。

職員育成では・・・・・
特に次の担い手の問題が大きな課題となっていました。
そこは、かなり意識して計画的に取り組む必要性があります。
事業所の理念の継承と自分の責任で開拓していく力の育成などまだ、模索している感じでした。

活発な質問や意見もでて、次回も是非ということで9月11日に会議の日程が決まりました。
(古賀)
[PR]
by kyosarenfukuoka | 2009-07-01 17:59 | ● 活動報告 ●
f0173950_917371.jpgf0173950_9152647.jpg f0173950_9155088.jpg






6月25日の「自立支援法訴訟仲間の学習会」には、5箇所の作業所の仲間21人が参加しました。
まずDVDにまとめた原告の平島さんや山下さんの思いと他の県でもおこなわれている訴訟の動きを仲間に見てもらい原告である平島さん山下さんの思いを重ねて話してもらいました。
他の仲間も障害者自立支援法が暮らしに与えた状況を意見交換し、どれだけ暮らしにくくなってきたか、なんとか変えたいという仲間の思いをひしひしと感じました。

この日の学習会では国の意見(答弁書)の説明にきょうされん福岡支部の役員の古賀さんに来てもらいましたがその際、憲法25条13条14条の説明がありました。

「働きに行っているのに利用料を取られるのはおかしい」
「ヘルパーに来てもらうのに時間を限られたり、お金を気にしないといけないのは暮らしにくい」
この日、出た仲間たちの意見は、国民の権利として正当であることを確認しましたが、当然だと思うことに、国はいろいろ理由をつけて自立支援法は憲法違反ではないことを説明しようとするのには無理があるように思います。
ストレートに「働きに行っているのに利用料を取られるのはおかしいと思いませんか」という仲間の主張が、いろんな法律の整備が不十分なために曲げて解釈されているように思います。

 時代とともに、人の暮らしや人権への考え方は豊かなものになっていかなければならないのに、障害者自立支援法では人の暮らしに制限をかけ、豊かな暮らしに枠をつけ、憲法の解釈も昔のままではないかという説明がありました。
このことは職員にも難しいテーマです。仲間に説明できるように学習を進めていく必要を感じています。

障害者自立支援法と憲法の学習はまだまだ続きそうです。

                              かしはらホーム  宮崎玲子
[PR]
by kyosarenfukuoka | 2009-07-01 09:20 | ● 活動報告 ●