09.02.13 きょうされん福岡支部事務学習会

「支援費の請求事務ってどうなってんの? 就業規則ってこれでいいのかな?」

 支援費(自立支援給付費)の請求は、小規模作業所を始め旧体系の施設など今後新体系へ移行する予定の作業所のとってはうまくイメージできず、もやもやと不安だけがたまっていく鬼門といえるもの。
少しでも請求事務の流れがイメージできれば、とこの学習会を企画しました。

ふたを開けてみれば「13日の金曜日」にもかかわらず(?)、28名と今までになく多くの人に参加していただきました。
プロジェクタを使い、国保連から提供されている「電子請求受付システム(簡易入力システム)」を実際に操作して請求情報の作成から送信、利用者への請求等を確認しました。
午後は、日々の中ではクローズアップされることはないけど、働き方の根幹にある就業規則を今一度確認しました。
わかたけ作業所の就業規則をたたき台にして、自分のところの就業規則と見比べながら疑問を出し合い、あーだこーだ話し合いました。
未加盟の作業所からも参加していただき、大盛況のうちに終わりましたが、はたして内容の方はどうだったのでしょうか、アンケートをとっていないのでわかりません。きっとためになったと思います(希望的観測)。
[PR]
by kyosarenfukuoka | 2009-02-18 11:37 | ● 活動報告 ●